融資・助成金 最新ニュース

人材確保等支援助成金(介護福祉機器助成コース)

投稿日:

介護事業主が介護福祉機器の導入等を通じて
離職率の低下に取り組んだ場合に助成対象となります。

令和2年度から人材確保等支援助成金(介護福祉機器助成コース)の
助成対象となる介護福祉機器の範囲が変更となる予定です。

対象となる介護福祉機器の範囲

1:移動・昇降用リフト(立位補助器、非装着型移乗介助機器を含む。)
2:装着型移乗介助機器
3:自動車用車いすリフト
4:エアマット
5:特殊浴槽
6:ストレッチャー
7:体位変換支援機器(R2年より)

主な受給要件

 介護福祉機器助成コース
【機器導入助成】     
1: 導入・運用計画の認定
介護労働者の労働環境向上のための介護福祉機器の導入・運用計画を作成し
管轄の労働局長の認定を受けること。

2:介護福祉機器の導入等
1の導入を実施し、導入効果を把握すること。

【目標達成助成】
【機器導入助成】1.2の実施の結果、導入・運用計画期間の
終了から1年経過するまでの期間の離職率を
導入・運用計画を提出する前1年間の離職率よりも
下表に掲げる目標値(※)以上に低下させること
(ただし、離職率は30%を上限とします。)。  
  
※低下させる離職率の目標値は対象事業所における
雇用保険一般被保険者数に応じて変わります。

助成金受給額

【機器導入助成】
介護福祉機器の導入費用(利子含む)合計額の25%
(上限150万円)

【目標達成助成】
保守契約・機器の使用を徹底させるための研修合計額の20%
(生産性要件を満たした場合35%)
(上限150万円)

詳細はこちらから

-融資・助成金 最新ニュース

Copyright© 税理士法人石島会計 , 2021 All Rights Reserved.