新型コロナウィルス感染症関連情報

特定事業者支援金(宇都宮市版一時支援金)

投稿日:

新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言の発令に伴う飲食店の時短営業要請や
不要不急の外出・自粛の影響を受け、売上減少が減少している中小・小規模事業者、個人事業者に対して
国の「一時支援金」の対象(売上の減少が2019年又は2020年同月比50%以上)とならない事業者を支援します。

(注意)緊急事態宣言の発令に伴う時短営業要請の対象となった飲食店は対象外となります。

市の「特定事業者支援金」は、国の「一時支援金」の対象(売上の減少が前年同月比50%以上)に
ならない事業者に対する支援として市が独自に設けた制度になります。

対象者:中小法人 登記上の本社・本店が宇都宮市内、資本金10億円未満 

個人事業者:事業所が宇都宮市内
(注意)事業所を有さない個人事業者(フリーランス等)については住民票が宇都宮市内

売上要件:
2021年1月から3月ののいずれかひと月の事業収入に係る売上高が2019年
または2020年の同月比で20%以上50%未満減少した事業者

上限額:
法人:15万円(上限)
個人事業者:7万5千円(上限)

申請期間:
令和3年3月30日から令和3年5月31日まで(当日消印有効)

詳細はこちら

-新型コロナウィルス感染症関連情報

Copyright© 税理士法人石島会計 , 2021 All Rights Reserved.